あの時君は若かった

 先日、昔の友人が訪ねて来てくれまして。
昔、広島に住んでた頃の飲み友達。

 あれはもう20年も前。
昨日の様思い出せるんやけどな。ま、年取ったら昔の事ほどよく思い出せるらしいですし(笑)。
最近に会うた時からも、もう10年になります。

 久々に会うたら・・・うわおっさんやん!道で会うても分からんわ(笑)。
きっと向こうも同じ思い。
あの時は皆20代やったのにな~。

 でも顔合わしたらその瞬間に、あの時のあの場所へとタイムスリップした様な不思議な気分。


 お店に来てくれたんですが、他のお客様居たはらへんかったんで、ここぞとばかりに語り合いました。

 話した内容、音楽について、プロレスについて、ガンプラについて・・・盛り上がる盛り上がる。
ぜーんぶ、全く役に立たん話ですね(笑)。

 2時間ほど話して、彼らは帰って行きました。
話し過ぎて、笑い過ぎて、顔の筋肉が痛くなる程、楽しい時間でした。

 次に会えるんはいつやろ?
久々に広島にも行きたいな~。

スポンサーサイト
23 : 07 : 44 | おっさんの思い出話 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

思えば遠くへ来たもんだ

 今日は阪神淡路大震災の日でしたね。
改めて犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 もう22年ですって。え?もう22年!早いな~。

 あの頃は僕も若かったな~、営業マン1年生。
確か前日は販売応援で休日出勤してました。

 22年間、すぐやった様な気もするけど、色んな事があったな~。
色んな人達とも出会えました。

 それやのに成長せえへんな~。

 もしかして僕、同じとこぐるぐる回ってるだけや無いやろか。
歩いた跡に道はできてるんやろか?

 なんて事を考える15(×3)の夜。
23 : 11 : 02 | おっさんの思い出話 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

トロイカ

 前回までのあらすじ。
バカリーマンのモリ青年は無謀にも、凍結峠にノーマルタイヤで挑み、案の定半泣きな状態に。
どうするモリ?



 てな訳で続きです。
多分誰も待ってないでしょうが、お付き合い下さい。


 峠道でスタックして途方にくれる僕。既に半泣き。

 あの時は夜中の様に思ってましたが、後で考えたら多分まだ夜7時かそこら。
それからも温度は下がり続けてたんでしょうね。早い時間でまだマシやったのかも。

 そこに白馬の王子様・・・ならぬ白い軽トラのおっちゃんが!
「おーい、兄ちゃん、どないした?はまったんか?」

 この時は泣きそうになるほど嬉しかった!
そのままおっちゃんの車でさらわれてもいい位に嬉しかった(←大迷惑)。

 おっちゃんは同乗の人と二人で、僕の車のタイヤの下に毛布(おっちゃんの)を突っ込んで、軽トラで引っ張り上げてくれました。
ホンマ、神様て居るんやな~。、親切なおっちゃんに出会えた事に大感謝。
涙でにじむ、くわえタバコのおっちゃんがイケメンな神様に見えました。惚れちゃいましたわ。

 おっちゃんにお礼を言って、そっからは一人であわあわ言いながらチェーン巻いて、のこのこ峠道を。
数時間かけて、瀬戸内の福山市に入ったとこで、ガソリンスタンドに入ったら、スタンドの兄ちゃんが「どっから来たんすか?!」て。
「へ?」て車降りて、フロント見たら、全面が完全に氷で覆われてました。
そんだけの雪と低温やったんですね。

 そっからも色々大変ながら広島まで無事たどり着けました。
ホテル着いたん夜中2時頃でしたが。

 

 ホンマね、あの時あのおっちゃんが通りがかってくれんかったら、多分僕は死んでましたよ。
途中まで「最悪、車で寝たらええか」なんて甘く考えてましたから。凍死するって。

 それがトラウマの様に、僕は雪道に慎重になりました。
今でも、あの時の峠の寒さを肌で思いだします。

 皆さまも、悪条件の路面にはお気をつけ下さい。
やりすぎ位でもええのかもしれませんよ。
23 : 01 : 32 | おっさんの思い出話 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

サーフ天国、スキー天国

 さぶい日が続いてますが、皆さまご無事ですか?
ホンマ、「ご無事ですか?」てセリフが必要な位、各地で雪とか寒さによる被害が多発してるそうですね。

  
 こんな時、いつも思い出す雪の怖い思いでがありまして。

 今から10年以上前、僕は営業マンをしてまして、毎日毎日営業車に乗って出張に出てたんですね。
主に中四国方面。

 今頃の時期でしたか、夜の中国道を(ノーマルタイヤ)で走ってたら、「雪の為ここから通行止め」て高速を下ろされまして。

 普通に考えたら、大変な事ですよね。高速が通れなくなるほどの雪、しかもノーマルタイヤ。
一応チェーンは積んでましたが。

 そこで僕は考えました「さてどうしよう?」

 「そうや!こっから峠道抜けたら山陽に出れるやん!山陽道やったら雪無いやろし!イエーイ」

 バカ丸出しですね。
高速が止まる程の雪の日に、峠道。もっと危ないに決まってるやん。

 でも僕は強行しました。
考えられる言い訳としては。

 1 雪道を甘く見ていた。
 2 毎日運転してるし、て根拠のない理由に満ち溢れてた。
 3 土地勘だけはあった。
 4バカだった。

 このちょっと前にも、四国で凍結した峠道で怖い思いをしたんですが、幸運にもクリアできた、てのがありまして。
それが更に拍車をかけてたんでしょうね。「今回も大丈夫」て。

 そんなこんなで、のこのこと峠道を進んで行った訳ですが。
やはり、同じ考えなのか、夜の峠にしては異例の大渋滞。

 ある下り道で、前の車がブレーク踏みまして、ついつい僕もつられてブレーキ。
「ツルッ!」 あっけなくスリップ。幸いな事に山側。

 これを思い出す度に思うんですが、あん時ガケ向いてやったら、下手したら死んでたかも。
更に幸運な事に、前の車にぶつかる事もなく停車。
ここまで制御不能になったんは初めてでしたが、幸運続きで何とかセーフ!ご先祖様ありがとう!

 でも、バックで本線に戻ろうとしてもタイヤは空回り。
「おいおい、どないせえ言うねん」てドアを開けて表に出てみた所・・・

 「ツルッ!」
こけてしまいました。
人間の足ででも立ってられない位にツルッツルやった訳ですね。

 「しゃない、チェーン巻こ」
が、道路端の側溝ぽいとこに突っ込んでしもてて、それも無理」

 ここでやっと深刻さに気付く僕。「どないしょ・・・」
「そや!とりあえずJAFに電話しよ」幸いにも携帯の電波は来てました。

 が、返事は「今日は緊急の要請がありすぎて、いつ行けるか分かりません」との事。
「え・・・」

 もうすっかり半泣きな僕。

 冬用タイヤを履いた後続車は、僕を追い抜いて行きます。が。皆タイヤ空回り。
そんなやのに、ノーマルでどないかなるて、頭おかしいとしか思えません。



 さて、ここで時間となりました。

さてさてどうなる。 続きはまた次回に。

 すんません、眠くなったんで引っ張ります

23 : 46 : 27 | おっさんの思い出話 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

モリ商店

Author:モリ商店
モリ商店
大阪市北区西天満4-3-9和光ビル1F
06-6363-2306



営業時間
月~金
11時30分 ~15時
18時00分頃~20時
最近夜の部のスタートが不安定になっています。ごめんなさい。
土、祝
11時30分~15時?

※売り切れ終了する事があります。

定休日
日曜

モリ商店

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
雑記 (185)
営業時間 (52)
西天満界隈 (4)
散歩 (19)
音楽 (15)
カレー (51)
食べ歩き (3)
育児 (40)
食の安全 (22)
子供たちの未来 (66)
nuclear (2)
食材 (6)
お出かけ (6)
おっさんの思い出話 (4)
オキナワ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる